あご・フェイスラインのニキビの原因〜ホルモンバランス

顎やフェイスラインにニキビが出来やすいという人は意外と多いと思います。

 

スキンケア不足というのも原因の一つかもしれませんが、一番の大きな理由はホルモンバランスが関係しています。

 

ではホルモンバランスがどのようになるとニキビが出来やすくなってしまうのか、そして顎やフェイスラインのニキビの正しい改善方法をご紹介します。

 

ホルモンバランスとニキビの関係

お肌を気にする女性

男女共に男性ホルモンと女性ホルモンの両方体内に持っています。

 

そして男性ホルモンが多いとニキビが出来やすく、逆に女性ホルモンが多いとニキビが出来にくく肌も綺麗な状態を保つことができます。

 

なのでホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが多くなったり、女性ホルモンの分泌が少なくなると皮脂が異常に分泌したりすることがあり、それがニキビに繋がるのです。

 

そしてそのホルモンバランスが崩れることで出来るニキビは顎やフェイスラインに多いと言われています。

 

なので顎やフェイスラインにニキビが出来やすい人はスキンケア以外にもホルモンバランスに気をつけることも重要になってくるのです。

 

改善策

ストレス

顎やフェイスラインにニキビが出来やすい人はまずホルモンバランスを整えるようにしましょう。

 

ホルモンバランスが崩れる原因としては不規則や生活習慣やストレスなどが原因になっています。

 

特に睡眠は重要で人はねている間に肌のターンオーバーが行われているので睡眠が不足していると古い角質が上手く剥がれずに残りニキビが出来やすい肌質を作り出してしまいます。

 

目安としては6時間〜7時間前後は寝るように心がけることが重要ですが、どうしても無理な方は夜の睡眠以外にも仕事の合間の休憩時間などに仮眠を取るなどするだけでも効果はあります。

 

また食生活も大切で脂っこい食事や生クリームやチョコなどの糖分の多い食べ物はニキビが出来やすくなるので食べる量には気をつけましょう。

 

ストレスに関しては休みの日に数分だけでも散歩に出かけたり、軽い運動を行うなどするだけでも発散になるのでおすすめです。

 

正しいスキンケア

スキンケア中

ホルモンバランスを整えることと同時に正しいスキンケアも大切です。

 

特に洗顔はやり方を間違えればニキビだけではなく、肌荒れなどの原因にもなります。

 

まず洗顔料はしっかり泡立てネットで泡立てた後に指でさらに泡立てましょう。

 

ネットだけだとキメが荒いので汚れの吸着力が弱いので汚れが落ちにくいと言われています。

 

指で泡立ててキメの細かい泡が出来たら、先に泡を顎やフェイスラインに乗せましょう。それから顔全体を優しく擦らないように洗っていきます。

 

洗顔ちゅう

先に顎などに泡を乗せることで汚れが落ちやすくなるので皮脂や汚れもしっかり落とすことができます。

 

最後にぬるま湯で綺麗に泡を落とせば洗顔は終了です。

 

その後すぐに化粧水や乳液で保湿を行い肌を清潔に保ちましょう。

 

洗顔料を使った洗顔は基本的に1日1回が目安です。

 

それ以上してしまうと乾燥肌になりやすくなりますし、肌が乾燥することで皮膚が表面を守ろうとしてさらに皮脂を分泌してしまう恐れがあります。

 

洗顔は1日1回で、その1回は丁寧に行うようにしましょう。

 

まとめ

お肌が気になる女性

顎やフェイスラインのニキビは肌の表面に問題があるのではなく、体内に変化があって初めて出来るニキビでもあります。

 

なので肌だけを気にするのではなく、自身の健康状態もきちんと管理する必要もあるのです。

 

健康状態が悪ければ肌にも悪影響が出てくるので、肌の表面だけのスキンケアだけではなく日頃の生活の改善も心がけるようにしましょう。

 

少々面倒かもしれませんが、肌を健康で綺麗に保つためには多少の努力も必要になってくるので、頑張りましょう。