ニキビケア、間違っていませんか?

ニキビに悩む多くの方が実は間違えたケアをしていることがあります。

 

皮脂の洗い落とし過ぎ

洗顔中

一つ目は、皮脂を気にして洗浄効果の高い洗顔料などでしっかりと洗顔して、皮脂を洗い落としすぎてしまうことです。

 

実はこれはお肌にとってはあまりよくありません。

 

ニキビの原因は皮脂の過剰分であることはお話しした通りです。

 

でも皮脂の洗い落し過ぎはお肌にとってあまりよくありません。皮脂は皮膚に膜をつくり、外敵から身を守る大切な役割があります。

 

つまり肌を守る大切な役割の皮脂が全くない肌は外敵からの攻撃を受けやすい状態です。

 

そして、強い洗浄効果のある洗顔料も同じです。

 

このように肌を洗いすぎることや強い洗顔料を使うことは、肌を刺激して皮脂の分泌をさらに高めてしまう恐れもあります。

 

ニキビの洗顔方法

洗顔中の女性

二つ目は、ニキビの洗顔方法です。

 

洗顔を1日に何度もしたり、さっぱりとするために冷水や熱湯ですることです。

 

これらはどれも肌に刺激を与え、ダメージを与えます。

 

また爪の雑菌がニキビをひっかいて悪化させてしまったり、触りすぎることで雑菌が繁殖することもあります。

 

そのため洗顔は、1日2回朝夕で十分で、洗顔の温度はぬるめのお湯が良いでしょう。

 

特にニキビの幹部はなるべく刺激しないように優しく洗うのが良いですね。