ニキビ跡の改善に効く食べ物

お肌を気にする女性

ここではニキビ跡の改善に効く食べ物について、お話していきたいと思います。

 

ニキビ跡を改善するためには、ビタミン類や鉄分等のミネラルとタンパク質の栄養素をバランスよく摂ることが大切です。

 

肌のコラーゲンの生成のためにビタミンCだけを摂っていても意味はありませんので、同時にタンパク質も摂る必要があります。

 

またビタミンCとEも共に摂ることによって、単体で摂った場合よりもより効果が期待出来ます。

 

では次に栄養素毎に、その栄養素を含む食べ物を御紹介していきたいと思います。

 

ビタミンA

野菜

まず最初は肌のターンオーバーを促進するビタミンAです。

 

ビタミンAには角質層の天然保湿因子(NMF)の生成を促進する作用があり、ビタミンAの不足は角質層の保湿の低下を招くので要注意です。

 

肌のターンオーバーの促進作用によって、ニキビ跡のシミや色素沈着を排出する働きもします。

 

ビタミンAを豊富に含む食べ物には、鶏レバー・うなぎ・モロヘイヤ・人参・豆苗・春菊・ホウレン草・カボチャ・大葉の葉・ルッコラ・ニラ・小松菜・カブの葉・チンゲン菜・プルーン・赤パプリカ・ミニトマト等があります。

 

ビタミンB群

ナッツ

次は皮脂の過剰分泌を防ぐビタミンB群を含む栄養素です。

 

ビタミンB群には炭水化物の代謝を助け、皮脂の過剰分泌をニキビ等の肌トラブルも防いでくれます。

 

カロリーの過剰摂取は皮脂の分泌を逆促進させてしまいますので、炒めたり揚げたりといった調理法は控え目にするようにしましょう。

 

ビタミンB群を含む食べ物には、焼き海苔・豚ヒレ・赤身の豚モモ・ピーナッツ・うなぎ・タラコ・豚肩ロース・ゴマ・玄米・グリーンピース・鶏レバー・乾物の蕎麦に含まれています。

 

ビタミンC

次はメラニンの生成を抑制し、メラニン色素を量産するビタミンCを含む食品です。

 

ビタミンCはニキビ跡の色素沈着やシミの改善、美白対策にもお勧めです。

 

皮脂の過剰分泌を抑制する働きもあります。

 

ビタミンCを含む食べ物には赤パプリカ・黄パプリカ・菜の花・ブロッコリー・かぶの葉・カリフラワー・ゴーヤ・ピーマン・豆苗・甘柿・ルッコラ・イチゴ・さやえんどう・ネーブル・パパイア・キャベツ・ジャガイモ・トマト等があります。

 

ビタミンE

次は毛細血管の血流を改善と肌の新陳代謝・抗酸化作用の働きがあり、同じくビタミンAやCを働きをサポートします。

 

ビタミンEを含む食べ物には、アーモンド・ツナ缶・タラコ・モロヘイヤ・カボチャ・赤パプリカ・アボカド・ほうれん草・するめいか等があります。

 

鉄分

最後は、血液の血流促進と肌の新陳代謝に効果のある鉄分です。

 

鉄分を含む食べ物には、レンズ豆・鶏レバー・高野豆腐・ヒジキ・シジミ・アサリ・ほうれん草・カツオ・ツナ缶・赤身マグロ等があります。

 

アミノ酸に分解されてコラーゲンの生成を助けるタンパク質は、魚介・肉類・卵・大豆製品等に含まれています。