大人ニキビの原因と治し方

大人ニキビができる原因として栄養不足があることは、別ページでお話しました。そこで今回は他の原因と対策方法やその治し方についてお話します。

 

大人ニキビの原因は睡眠不足

寝れない女性

大人ニキビの原因の一つとして、睡眠不足があります。

 

その理由は主に2つあります。一つは、睡眠が肌のターンオーバーに大切だからです。

 

寝ている間に肌は古い角質から新しい角質に生まれ変わるので、睡眠不足でこのサイクルが乱れると古い角質が肌にそのまま残りニキビの原因となります。

 

そして睡眠不足になると、自律神経が乱れて交感神経が副交感神経より優位になることも原因となります。

 

交感神経が優位な状態は、緊張、焦り、不安などの状況下と同じで男性ホルモンの分泌が高まります。

 

男性ホルモンは皮脂の分泌を増やす働きがあるので、毛穴詰まりや肌トラブルの原因となります。

 

そして、睡眠不足になると次の日イライラしたり、気分も冴えませんよね。

 

そのような状態もニキビを増やします。そのためこの対策方法、睡眠不足にならないようにするこが大切です。

 

深夜10時〜14時が肌のターンオーバーが最も進む時間帯と言われていますので、この時間帯に深い睡眠をとっておくことが大切です。

 

運動不足も原因

運動する女性

そしてもう一つの原因は、運動不足です。

 

運動不足になると、体の代謝が悪くなり老廃物が体に溜まりやすくなります。

 

これも肌のターンオーバーの乱れの原因となります。

 

腸の老廃物も溜まりやすくなるので、その影響が肌に出てきます。

 

便秘や宿便がニキビの原因になるのは良く知られていますが、運動不足になると腸の蠕動運動が悪くなり、これが便秘を招きます。

 

結果ニキビを招きます。

 

これに対策するには適度な運動が大切です。

 

とくにおすすめなのが腹筋を使った体操や体の代謝が高まるヨガなども効果的です。

 

ストレスは大きく影響します

ストレス

さらにストレスを溜めることも原因となります。

 

先ほどお話しましたように、ストレスが多くなると自律神経のバランスが乱れて交感神経が活発化します。

 

交感神経が活発になると、男性ホルモンが優位になり皮脂分泌を増やします。

 

その結果毛穴詰まりなどでニキビができやすくなります。

 

男性ホルモンには、毛穴を固くする働きもあり、皮脂分泌が高まったところへ、さらに皮脂に毛穴が収縮するという悪条件がかさなると、ますます穴詰まりが起こりやすくなります。

 

大人ニキビをできにくくするには、ストレスを溜めないことが大切です。

 

そしてできてしまった大人ニキビを治すには、清潔に洗顔することと保水が重要です。