ニキビ跡の治し方

洗顔する女性

ニキビの対策方法はさまざまです。症状によって対策方法も違います。

 

ニキビの原因は過剰な皮脂分泌です。

 

過剰に分泌された皮脂がお肌に存在するアクネ菌、マラセチア菌のような常在菌と結合して角質となり、それが毛穴に詰まってお肌が炎症を起こし、ニキビができるようになります。

 

そのため皮脂分泌を過剰に起こさないことや、毛穴の詰まりを起こさないように清潔に洗浄することが大切になります。

 

もしニキビができてしまった場合は、炎症をおさえるお薬が最も効果があります。

 

お薬

菌の増殖を抑えて炎症を和らげます。

 

そしてそれ以外にもニキビ用の洗顔料などでしっかりと洗浄することも大切です。

 

ニキビ肌の方は、一度ニキビが治ってももともと皮脂の分泌が多い脂性タイプの肌であることが多いので、普段から洗顔を丁寧にすることが大切です。

 

そしてもしニキビの跡が残ってしまったら、専用のお薬や化粧品があります。

 

ニキビはどうしても跡が残りやすいので早めの対策が必要です。

 

化粧品でこれをカバーするために厚くファンデーションを塗ったり、しみ消しやカバー用のクリームを塗るのは一時的には隠すことができますが、幹部に化粧品が触れてさらに症状がわるくなったりすることもありますので、できればニキビ跡専用のお薬や化粧品での対策がおススメです。