大人ニキビと思春期ニキビの違い

ニキビ肌の女性

大人になってからのニキビは、思春期のころとはできる場所が違ったり、長引いたりします。

 

大人ニキビと思春期ニキビは何が違うのでしょうか。

 

大人ニキビも思春期ニキビも、できる仕組みそのものは一緒です。

 

皮脂が過剰に分泌されることと毛穴の出口がふさがれることで、毛穴の中に皮脂が溜まってしまいニキビの元になるのです。

 

そして悪化すると毛穴の中で皮脂を栄養にアクネ菌が繁殖し、炎症を起こしたりします。

 

ですが、大人ニキビと思春期ニキビでは起こる原因が違うのです。

 

思春期になると男性ホルモンが増えますが、男性ホルモンは皮脂の分泌を活発にするため、過剰になった皮脂が毛穴に溜まりニキビの原因となるのです。

 

第二次成長期が過ぎれば男性ホルモンの分泌が落ち着いて皮脂の分泌も安定し、思春期ニキビはできなくなります。

 

これに対して、大人ニキビは肌のターンオーバーの乱れや肌の乾燥により角質が溜まり毛穴をふさいでしまうことが主な原因です。

 

女性の場合は生理周期に合わせたホルモン分泌の影響や、メイクによる毛穴の詰まりも原因となります。

 

肌のターンオーバーの乱れはストレスや生活習慣などさまざまな要因が絡むため、大人ニキビはなかなか治らなかったりします。

 

また、ニキビができやすい場所も異なります。

 

思春期ニキビはおでこから鼻のまわりのいわゆるTゾーンや、頬、こめかみにできます。

 

これに対して大人ニキビになると、口の周りや、あごなどのフェイスラインにできやすくなります。

20代の大人ニキビ

鏡を見る女性

20代の肌悩みランキングではニキビが上位に入っているほど、大人ニキビに悩んでいる人は多いです。

 

20代の大人ニキビは10代のころのニキビとはいろいろな点が違ってきます。

 

あごなどフェイスラインに良くできるようになりますし、なかなか治りにくく再発を繰り返したりします。

 

20代の肌は10代にくらべると肌の機能は落ちています。

 

そのためニキビが治りにくく、いちど治ったと思ってもその部分の肌が弱っているために他の部分にくらべてニキビができやすくなっていて、再発してしまいます。

 

また20代になると社会人になって生活習慣が乱れてきたり、メイクで毛穴をふさいだりしがちです。

 

生活習慣の乱れは肌のターンオーバーを乱してしまい、大人ニキビの原因にもなります。

 

大人ニキビの対策はまず生活習慣を改善することが重要です。

 

野菜

栄養バランスのとれた食事をきちんと3食取ること、特に野菜や果物を食べてビタミンCをしっかりととることがニキビ改善に効果的です。

 

また睡眠も大切で、寝不足はお肌の大敵です。

 

特に睡眠のゴールデンタイムと言われる22時〜深夜2時には眠るようにしましょう。

 

メイクを落とすためのクレンジングやその後のスキンケアに気をつけることも大切です。

 

ただし、10代のころと同じように汚れや皮脂を落とそうと何度もごしごし洗ったりしてはいけません。

 

刺激の強い洗顔は避け、保湿に力を入れることがニキビケアのためにも大切です。

30代の大人ニキビ

ニキビの女性

30代になってもニキビが繰り返しできるという人は多いです。

 

むしろ10代よりも多くできるようになったという人もいるくらいです。

 

30代の大人ニキビは10代20代とは違って顔の脂が多いことが原因ではありません。

 

多くは肌機能が落ちたために乾燥して肌の角質がたまり毛穴がつまりやすくなることや、毛穴が炎症を起こしやすくなっていることが原因です。

 

そのために洗顔に力をいれただけではなかなか改善しません。

 

肌機能を改善するために、もっと生活習慣からの見直しが必要なんです。

 

忙しいママ

30代は仕事にしろ育児にせよ忙しく疲れをためやすく、睡眠不足にもなりやすい時期です。

 

食生活も乱れているとさらに大人ニキビは悪化してしまいます。

 

30代の大人ニキビ対策には、生活習慣の改善が重要です。

 

食事は野菜や果物などをしっかり食べビタミンCをとることや、きちんと3食食べてお通じを良くすることが大切です。

 

寝ている女性

また、睡眠時間はきちんと確保しましょう。

 

適度な運動などでストレスを解消することも大切です。

 

その上で大人ニキビ用の化粧品などを使ってケアしましょう。

 

思春期ニキビ向けの薬を使ったり、洗顔をしすぎるのはNGです。

 

メイクもニキビ用のファンデーションなどがあるので、上手くカバーしましょう。

40代の大人ニキビ

うつむく女性

40代になると皮脂の分泌は減ってきます。

 

ですが、40代で大人ニキビに悩まされる人は少なくありません。

 

若い頃のような全体的な皮脂の過剰分泌が原因ではなくむしろ乾燥が原因ですから、同じようなケアはNGです。

 

40代の肌は水分が失われがちで、乾燥により角質が厚くなってしまいます。

 

そのために毛穴がふさがれやすく大人ニキビができてしまうのです。

 

鏡を見る女性

さらに新陳代謝が悪くなって肌のターンオーバーが遅いことも、古い角質がたまる原因です。

 

炎症も治りにくく、いちど炎症を起こしたところは再発しやすくなっています。

 

また40代の大人ニキビの原因として、ホルモンバランスの乱れがあげられます。

 

更年期女性

40代になると更年期が近づき女性ホルモンの量が減少することで大きくホルモンバランスが崩れるのです。

 

ホルモンバランスが乱れると皮脂の異常分泌やターンオーバーの乱れを招き、大人ニキビの原因にもなります。

 

このように40代は肌質や体質が変わってきますから、若い頃のスキンケアそのままでは合わなくなってくることも多いです。

 

ニキビケア商品は若い人向けのものが主流ですが、40代のお肌には合わないことが多いので、大人ニキビ向けの製品を選ぶことが大切です。

 

▼ 大人ニキビに効果のあるラミューテ美肌セット ▼

ラミューテ公式サイト